早い時期から受験勉強を!

私が以前勤務していた塾の塾長は「受験は暗記だ。数学でさえ解き方の暗記だ!」と言ってはばからない人でした。個別指導でしたが、生徒は同じテキストを何回も何回もやるだけ。さすがに解答を暗記してしまいます。開校後数年間は地元トップ校に全員合格させていましたが、ついに受験者5名中合格者2名という事態を迎え、暗記だけでは合格できないことが証明されてしまいました。当然のことながら、その塾は今は存在していません。

 しかし、受験は暗記だという認識は、今でも一般的に根強くあるようです。保護者と面談していても、しばしば「社会は暗記さえすればいいのに」という話が出てきます。そんなとき私は入試問題の現物をお見せしています。そして、暗記だけでは入試問題には太刀打ちできないことをお話ししています。

 暗記だけでは太刀打ちできなければ、受験勉強は、部活を引退してからではなく、早くから行わなければなりません。ここ数年、プロナビ二又塾には、入試直前で入塾する中3生が増えてきています。当塾を信頼してくださったことに感謝の気持ちを抱きながらも、「もっと早くから入塾してくれていれば……」という思いもあります。2022年以降に入試を迎える中学生のみなさんは、ぜひ早い時期から受験勉強に取り組むようにしましょう。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square