講師ブログ

特集記事

宗像市・赤間の個別指導塾「プロナビ!」の講師ブログです。

コツコツ

「私立高校が第一志望ならば、塾は必要ないのでは?」というご質問をいただくことがあります。このことについて考えてみましょう。 合格することだけを考えると、難関私立高校でなければ塾は必要ないというのは一理あります。募集定員を大きく上回る合格者数を出すのが通例ですし、福岡地区だと、前期入試に失敗しても後期入試というチャンスもあるからです。 しかし、高校は中学校よりハイレベルな勉強をするところです。これは公立だろうが私立だろうが関係ありませんし、入試の難易度にも関係ありません。どの高校でも、学習内容は中学校よりもはるかにむずかしいのです。 塾の講師をしていてときどき残念なのは、高校の勉強についていけなくて進路変更を余儀なくされたという卒業生の話を聞くことです。高校側に責任がある場合もあるでしょう。でも、入学後も、中学校のときと同じような態度で日々を過ごしてしまったという後悔もよく聞きます。結局は、毎日やるべき勉強をコツコツやりつづける人が、楽しく充実した高校生活を送ることができるのです。 というわけで、私立が第一志望であっても、塾でコツコツ勉強をつづけることが、進学してから役に立つのです。 また、私立高校を専願で受験した場合、合格してから入学まで3ヵ月近くあります。この期間、ほとんど勉強をしないと、中学校の内容をすっかり忘れてしまって、入学直後からすごく苦労することになります。プロナビ!でも、専願で私立高校に進学する生徒は毎年いますが、合格後も中学校卒業ぎりぎりまで通塾する生徒が多くなっています。意識が高くなったなあと思います。 私も、高校生活の楽しい思い出は心の中に鮮明に残っています

ご期待ください

自粛期間中、多くの塾はオンライン授業を行い、一部の学校でもオンライン授業を行ったようですが、ほとんど初めての体験ですから、どこの塾や学校も試行錯誤を重ねて、少しでもよい授業を提供しようと奮闘したようです。「新しい生活様式」が提唱されていますが、授業においては、私はやはり対面授業がいいですね。生徒の反応が即座に伝わり、理解しているかどうかもすぐに判断できるからです。 前年度末から新年度まで、約3か月も休みになって、学校の先生も相当苦労なさっているようです。夏休みを短縮して休みの分を補おうにも、はたしてうまく補えるのか、頭を悩ませていらっしゃることでしょう。それぞれの塾も、例年にくらべてうんと短い夏休みをどのように授業をしていくのか、知恵をしぼらなければなりません。 公立高校入試については、出題範囲をある程度配慮するという話が出ていますが、入試日程そのものは例年と変わらないでしょうから、休みになった分の学校の授業を補いながら入試でも点数が取れるように力をつけさせなければなりません。くわしいことはまだお知らせできませんが、プロナビ!では、夏休みが短くなっても、学校の授業の補講を行いながら入試の実戦力をつける方法を考えています。どうぞご期待ください。 写真は「山の風景」です。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square

Copyright © Pronavi co., ltd. All Right Reserved.

  • w-facebook

電話番号:0120-592-671 

住所:〒811-3406 福岡県宗像市稲元6丁目9−5 

メール:info@pronavijyuku.com

合 格 は プ ロ ナ ビ!