講師ブログ

特集記事

宗像市・赤間の個別指導塾「プロナビ!」の講師ブログです。

私立高校の入試

今週は私立高校の一般入試があります。生徒の中には緊張している人がいるかもしれませんが、別に緊張すること自体は悪いことではありません。緊張しすぎて普段の力が発揮できないのは困りますが、ある程度の緊張感をもって入試に臨むことは大事です。「今自分は緊張しているなあ」と思って、その緊張感を客観的にじっくり味わってみてください。 むしろ心配なのは、私立高校の入試が終わってから気持ちが緩みがちになることです。その後の勉強に悪い影響が出ないよう、入試が終わってからも気を引き締めて試験勉強を続けて欲しいです。まだまだ道は半ばだという気持ちでがんばりましょう。

大吉をめぐる疑惑

1月2日に初詣に行ってきました。場所は熊本市の中心部にある神社です。私はこの神社に昭和の時代から初詣に行っていますが、引いたおみくじはすべて大吉です。大吉以外は引いたことがありません。しかし、いつのころからか、ある疑惑が胸にわいてきました。その疑惑をたしかめるために、今年はおみくじを2本引いてみました。 写真をごらんください。左は最初に引いたおみくじ、右が2回目に引いたおみくじです。 左は「商売」と「相場」が少し気になるところですが、全体的にはいい運勢ですよね。ところが、右を見ると、「失物」「旅行」「相場」は、大吉とは思えないほど最悪でしょ? 「願望」「縁談」も全面的にラッキーというわけではありません。 実は、これまでも、この神社の初詣のおみくじでは、大吉とは思えないほど最悪な運勢の項目がいくつもある年がしばしばあったのです。先に述べた疑惑とは、「この神社では、初詣の参拝客がおみくじを引いてショックを受けないように、大吉以外のおみくじを、各項目の運勢はそのままにして、総合運勢だけをすべて『大吉』に印刷し直しているのではないか?」というものです。だいたい、30年以上毎年初詣に行って、おみくじがすべて大吉であるなんて、どう考えてもおかしいではありませんか。 今年、おみくじを2回引いたことにより、その疑惑はますます深まりました。あ、もちろん、初詣の本来の目的である「プロナビ!の塾生全員の志望校合格」を祈願したことは言うまでもありません。

いよいよ入試本番・・・

さて、大学入試センター試験がいよいよ今週末に迫ってきました。1990年に始まったセンター試験は30年もの歴史を刻んできました。次年度から共通試験にその名を変えますが、受験する生徒にとってはただ1回限りの「運命」を左右する試練の一つです。ただただ、頑張って欲しいと願っています。 また、この試験を皮切りに続々と各大学、高校の入学試験が実施されます。プロナビ塾赤間校でも多くの受験生を抱えていますので、講師全員一丸となって生徒の希望に添えるよう指導して参ります。 最後にプロナビの受験生諸君へ・・・試験の答案用紙の受験番号と氏名は「合格するぞ」という念を込めながら正確に丁寧に記入しましょう。

2020

新年、あけましておめでとうございます。 “今月”から入試が始まり、不安や焦りを感じ、入試の怖さを実感するころだと思います。 子どもたちは不安や焦りと闘いながら、目標に向かって頑張っていかなくてはなりません…。 今年も全力で、子どもたちのサポートをしていきたいと思います。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square

Copyright © Pronavi co., ltd. All Right Reserved.

  • w-facebook

電話番号:0120-592-671 

住所:〒811-3406 福岡県宗像市稲元6丁目9−5 

メール:info@pronavijyuku.com

合 格 は プ ロ ナ ビ!