講師ブログ

特集記事

宗像市・赤間の個別指導塾「プロナビ!」の講師ブログです。

定期考査の問題点と高校入試(1)

定期考査が終わると、各中学校の試験問題が集まってきます。それを見て思うことは「通知表の評定や内申点があるから定期考査対策をやってはいるものの、こんな問題では高校入試にはとてもとても太刀打ちできないな。」ということです。 高校入試の問題は、暗記や基本問題をやるだけでは無理です。応用力、読解力、分析力、記述力がすべて求められます。これは公立でも私立でも、そしてどの教科でも求められます。それに対して定期考査の問題は、学校の教科書や配布されたプリントから出題されるので、時間をかけて勉強すれば何とかなりますが、入試レベルとは大きな差があります。 さらに最近の定期考査の問題で気にかかるのは、あきらかに先生の趣味で作っているとしか思えない問題が増えてきたということです。「こういう問題を解かせて、生徒のどんな力を見たいのだろう?」と思うことがしばしばあります。 こんな状態ですから、学校で行われる中3の三者面談でも十分な進路指導ができていません。プロナビ!で実施している模試で好成績を挙げている生徒の保護者の方から「三者面談で『○○高校はとても無理です。△△高校の専願を受けましょう。』と言われました。どうすればいいでしょう?」などと相談されることも、プロナビ!にとってはもはや恒例行事になってきました。このような相談に対して当塾はどのようにお答えしているか、紙幅がなくなりましたので、つづきは次回の私が担当するブログでお話ししましょう。 写真は、定期考査終了後の生徒への「呼びかけ」です。

梅雨の時期になると思い出す・・・

大学4年生のこの頃、同じ学科の友人4名で、深夜出発、翌日深夜到着という強行軍で一路大山を目指しました。今はその台数が少なくなりつつある4ドアセダン(というと格好いいですが、大中古車です)に乗り込み、運転を交代しながら、霧の中を7時間走り続けてやっと到着しました。・・・これだけでは、ただの旅行記ですが、お話したいのは車に貼った大きな紙とその中身です。後部トランクに大学名と学科名を書き、最後までその状態で走ったことです。「他人に見られてるかも」という気恥ずかしさがありましたが、時間が経つにつれ、そんなことはすっかり忘れてしまい、旅行を満喫したのでした。 あれから時は過ぎ、塾業界に入って長くなりますが、生徒の学習指導をするということは、自身の姿かたち、声、教え方など相当「生徒に見られている」わけです。「見られてるかも」ではありません。 個別指導中心で授業するプロナビでは日々生徒の成績アップに力を入れているのは勿論ですが、生徒一人ひとりに講師の指導力を「見せつけて」ぐいぐいと引っ張って参ります。 いよいよ梅雨入りでしょう。へこたれずに頑張るとしましょう。

空の水がなくなる季節

全国で梅雨入りし始めていますね… この時期によくみられるアジサイは、土の性質によって花の色が変わる表情豊かな植物なんですよ。 プロナビの子どもたちも、将来どのような色の花を咲かせるのか楽しみですね。

塾の周辺

自宅周辺は、雨が降るとカエルの鳴き声が聞こえます。川や池が近くにないので不思議なのですが、側溝に住んでい るのかなあと思っています。プロナビ!の近くにはため池があり、やはり雨が降るとカエル(たぶんウシガエル)の声が聞こえます。 そういえば数年前に一度だけなのですが、出勤したら建物の横にウシガエルがいたことがあります。かわいそうなので、すぐにため池へ放しに行きました。プロナビ!付近の道路をカメが歩いていたこともありました。やはりため池へ放してあげようと車をとめてから探しに戻りましたが、もういませんでした。ヤギを目撃したことも二度あります。一度目は散歩中でした。二度目は車に乗って窓から首を出していました。 宗像は自然と動物がいっぱいで楽しいですね。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square

Copyright © Pronavi co., ltd. All Right Reserved.

  • w-facebook

電話番号:0120-592-671 

住所:〒811-3406 福岡県宗像市稲元6丁目9−5 

メール:info@pronavijyuku.com

合 格 は プ ロ ナ ビ!