講師ブログ

特集記事

宗像市・赤間の個別指導塾「プロナビ!」の講師ブログです。

結局生き残るのは

きびしい少子化の時代、どの塾も生き残りをかけていろいろなことをやっています。私が知っているだけでも、これまで小学生と中学生を対象にしていた塾が高校生と幼児も対象にしたとか、受験終了後に卒業旅行を実施しているとか、いろいろあります。こういう企画の集客のため先生たちが疲れきっていて、授業どころではないという話もよく聞きます。 有識者を招いて保護者対象の教育講演会をするというのも、大規模な塾がよくやる企画です。ところが、この講演会について、ある保護者が「こういう会に手間をかける時間があるのなら、もっと子どもの指導をしてほしい」ということをインターネットの掲示板に書いていました。授業以外の企画に手間をかけたら、その分、指導がおろそかになるのではないかという、もっともな心配です。 広げすぎた屏風(びょうぶ)は倒れる、という言い伝えがあります。規模が小さくても長くつづいている塾は、生徒・保護者の信頼に応えて、熱心に指導を行う塾が多いようです。結局生き残るのは、少子化だからといってあわてて手を広げる塾ではなく、やるべきことを着実にやる塾だと言えるでしょう。 写真は、春の城山です。

さあ、いよいよ新学期・・・

ちょうど見どころであった桜の花も早や散り始めて、あちこちで葉桜になりつつあります。しかし、小中学校、高校では新入生の花が開き、令和の新時代がその幕を開けようとしています。プロナビでは新しい塾生が入ってきて、新顔の名前と顔を覚えるという新学期ならではの大事な仕事の一つに力を入れています。 また、今年度は宗像高校の合格者がプロナビ塾始まって以来最高の人数となった事もあり、高校部への継続者も最高となりました。個別指導の成果の表れの一つと言っていいでしょう。 学校では様々な行事があって授業自体あまり進まない頃ですが、プロナビではできるだけ先取りの形で教科内容を進めます。塾生たちのために充実した個別指導で勉学の後押しをしていきます。

平成もあと1か月弱

今月1日に新元号が発表されましたね。 元号が変わるのでいろいろ(システム関係…)と大変みたいですよ。 変わると言えば大学入試センター試験。(個人的にはこっちの方が心配) 2020年度から大学入試共通テストに変わります。(2021年1月実施なので今の高校2年生からですね。) 記述式の問題が導入されたり、英語の4技能が重視されたりと大変です。 生徒たちが対応できるように、しっかり指導していきます。 ちなみに、現在も元号を使っているのは日本だけだそうです。

高校準備講座

4月から高校生になる塾生が、たくさん春期講習に来てくれました。高校準備講座と題して、学校で出される課題を手伝ったり高校内容の予習をしたりしました。脅すつもりはありませんが(少しありますが)、大学受験は高校受験とは比べ物にならないくらい難しいです。高校3年生になってから始めれば大丈夫、と思っていると大変な目に会います。何とか時間を作って勉強は続けましょう。 プロナビ二又塾では高校生も個別授業をしています。補助的に映像授業も取り入れています。一緒にがんばりましょう。

最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square

Copyright © Pronavi co., ltd. All Right Reserved.

  • w-facebook

電話番号:0120-592-671 

住所:〒811-3406 福岡県宗像市稲元6丁目9−5 

メール:info@pronavijyuku.com

合 格 は プ ロ ナ ビ!